2017年07月02日

府下大会を終えて

3年生の感想より

府下大会を終えて
ついに最後の府下大会が終わりました。ずっと出たかった近畿大会、どうしても出たくて死ぬほど出たくて毎日それだけを考えて取り組んできました。つらいこともたくさんありました。それでも頑張り続けたら、最後爆発できるかもしれないと思ってあきらめませんでした。でも行けませんでした。これ以上にないくらい悔しくて、辛くて悲しくて、もう言葉も出ませんでした。本当に心の底から行きたかった。もっと泳ぎたかった。タイムを上げたかった。

いろんな人が応援してくれて学校が違うのに色々な言葉をかけて励ましてくれました。両洋の皆もたくさんのいろんな言葉をいろんな人が言ってくれました。レースのとき、両洋の皆がたくさんの名前を読んでくれて泣きそうになりました。今でも皆が応援してくれたことを思い出すと泣いてしまいます。皆の応援が本当にうれしかったです。

自分がなりたかった選手像は「人間性のある選手」「自然と応援したくなる選手」です。タイムはどうであれ応援される選手にはなれたのかなと思います。
両洋の皆にはタイムが速くても人間性がなってなかったら、練習を頑張っていなかったら、心から応援されないし、でも人間性を大切にし練習もひたむきにがんばっていれば、タイムなんて関係なく自然と応援したくなる。そんな自然と応援したくなる選手になって欲しいと伝えたいです。

自分がそうできていたかは分かりません。でも自分なりにそうなれるように意識してきました。結果的には悔いの残る形になりましたが、皆のおかげでいい思い出にもなりました。本当にありがとうございました。

水曜日は卒業アルバム用の写真を撮りました。
IMG_6632.JPGIMG_6635.JPGIMG_6637.JPG

RSTインターハイを目指し近畿大会に向けて頑張ります。








posted by rst at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック